特定非営利活動法人 NPO 日本救難バイク協会 東京多摩支部

 災害ボランテア

特定非営利活動法人 NPO 日本救難バイク協会 東京多摩支部

東京にも、近く大地震が、飲料水だけでも、ストックを。

NPO日本救難バイク協会の発足にきっかけは

画像1
 1995年(平成17年)1月17日に発生した阪神・淡路大震災で東久留米市消防本部の『救急赤バイ隊』が被災地の要請により、災害出動が切っ掛けになり発足。
 全国各地からの支援に駆けつけた個人のバイクボランティアと共に仮設の救護所に各種医薬品や衛生資材を急送、この時、ガレキの中で四輪車が動けなくなった道路でバイクの駆動性と有効性が実証されました。急送した物の中は緊急度の高い、血液やインシュリンといったものも有り、個人ボランティアには託せないという問題も有りました。
それは、責任の所在や指揮命令系統が不明瞭という事情があったからです。
 このような教訓から社会に認知された組織と、ライダー自身の災害支援に対する資質を高める必要性を痛感1995年4月に『災害時のバイク活用法について学ぶ会』発足。1996年4月『日本救難バイ協会』に改名。1999年9月バイクボランティアでは日本初のNPO法人『NPO日本救難バイク協会』として社会的地位を確保。会員は北海道から九州で活動。

災害ボランティアへの出動

画像2
07.8/4昨夜まであった2階が1階に(西山地区)
 1997年1月のロシア船籍タンカー重油流出事故の重油撤去作業及び支援・有珠山災害支援・東海水害支援・2000年1月 三宅島救援義援金を送るためのチャリティショウ開催・
名古屋中部地震の災害支援・2004年新潟県中越地震出動・2007年今年の7月には新潟中越沖地震の災害支援に出動、現在も支援中。
 行政のみでは対応しきれない災害に積極的に支援。

今後の方針

画像3
道路の残骸のかたずけが終了後の仲間達
 一般ライダーも含めた全国的な参集訓練の開催。災害時に使用する資機材の整備に取り組み会員の資質の高揚を図るため、救命講習・走行訓練・安全運転教育等の実施。
会員一同、災害国日本に社会貢献していきます。皆様にご理解とご協力お願いします。

    【ライダー安全宣言】
  ・私たちは、人と自然に優しい運転を励行します。
  ・私たちは、交通道徳を守り、安全運転に心がける事を誓います。
  ・私たちは、心身を鍛え、社会に貢献するライダーを目指します。

TEL 042-469-6848
 TEL:042-469-6848 /
自転車・バイク販売 / 防災用品 / NPO / ボランティア団体
運営:西東京商工会
保谷事務所 田無事務所
〒202-0005
東京都西東京市住吉町6-1-5
TEL:042-424-3600 FAX:042-423-9933
〒188-0012
東京都西東京市南町5-6-18 イングビル3F
TEL:042-461-4573 FAX:042-463-7311

[運営協力]:

特定非営利活動法人 地域ポータルサイト推進協会 

〒186-0004 東京都国立市中1-17-26 振興ビル403 (有)サイコム内
TEL:042-573-9521 e-mail:nishitokyo@shop-info.com