西東京ショッピング情報「今月のスポットライト」 第47回

★生活用品・雑貨・ガーデニング・キーコピー マルヨシ★

毎日の生活にかかせない道具は、お気に入りのものを使いたいものです。今月は、思わず飾りたくなるような雑貨から使い心地の良い生活用品まで幅広く取り揃えたお店を紹介します。

■お客様の視点で考えられたお店

「マルヨシ」は西武新宿線西武柳沢駅の北口から田無方面へ徒歩3分の所にあります。赤い文字とテントがひときわ目立つのですぐに分かります。

現在、店主である森下茂さんと奥さんの匡子さん、お父さんの親子2代、3人で営業をしています。

店先を見ると、季節の商品やお買い得商品などが出迎えてくれます。入口のガラス越しにもたくさんの雑貨が見えて、雑貨が大好きな私はお店に入る前からわくわくしてきます。

期待に胸をふくらませて中に入ってみると、商品の種類の多さにビックリしました。右を向けばキッチン雑貨、左を向けばガーデニング・リネン雑貨があり、どれもが手にとって見てみたくなるものばかりです。 奥には生活に根ざした日用品が並んでいます。

生活に欠かせない、そして潤いをもたらす種類豊富な商品がきれいに陳列されています。

これは、忙しい中時間を見つけては、2人でオシャレなスポットや話題の場所に出かけて見てまわり、常に情報のアンテナを張っているからです。

入口付近は空間を広くとってショッピングカートやベビーカーをご利用の方などが入りやすいようにしてあります。また、手前と奥で雑貨と日用品をきっちり区分して置くことで商品が見やすくなっています。

「自分がお客さんになって他のお店に行ったときに、気づいたこと、感じたことを生かしてお店作りや接客をしているんです」と教えてくれました。

年配のお客様には、ご夫婦が店内を動き回って対応したり、商品をゆっくり説明したりします。また、小さな子ども連れのお客様にも安心してゆっくりとお買物していただけるように対応しています。これも、自分が子どもを連れてゆっくりと買い物ができなかった、という匡子さん自身の経験からヒントを得て行った工夫です。

なるほど、そういった心配りのおかげで、見やすくてどこか居心地の良さを感じる店内になっているのですね。
 


大きな文字のおかげですぐ見つかります


デザイン性にも優れた
キッチン雑貨


生活を楽しくおしゃれにするリネングッズ


ブレアの木箱など、ちょっと使うのに便利なものも


親子2代で盛り上げています


■キッチン用品から防犯グッズまで


スパイスのガーデンブーツ
お庭で使うのにもよさそうです


輸入品から日本製まで揃っています


studio m'の食器


一つ一つ手作りの
シルバークレイアクセサリー


カバンも大小さまざまなものがあります


植物を育てるのが楽しくなりそう


プロ仕様のキッチン用具や掃除用具

鋳物ホーロー鍋Brico


この模型を使ってお客様に説明をします
錠前の後ろには防犯グッズのコーナーがあります


合鍵を作成中

マルヨシのテーマは「きれいで楽しい実用品」です。商品を選定するときもこのテーマから外れていないか、しっかりとチェックします。それに加えて、女性のお客様に気に入ってもらえるものを扱っています。そのためにも、できるだけ自分たちの目で見て、実際に手にして納得した商品を揃えるように心がけています。

そのときそのときの時代に合ったものを取り揃えるには、いつも流行に敏感でいる必要があります。そのためには人気のあるメーカーのチェックも欠かせません。

ご夫婦のこだわりで選び抜かれた商品はどれも良いものばかりです。なかでも特におすすめなのが左の写真中央にあるガラス食器、グラザックス社のポイントシリーズです。縁取りのツブツブがクラシカルな雰囲気を出していて、来客のときに果物を乗せてお出しするとよく映えそうです。グラザックス社は130年もの歴史を誇る、知る人ぞ知るドイツの老舗ガラスウェアメーカーです。上品であたたかみのある美しいデザインもさることながら、気軽に買える値段であることも魅力です。

普段の食事には、マルミツ陶器のstudio m'シリーズもおすすめです。日本の陶器をフレンチスタイルにデザインしてあり、とてもおしゃれです。ギフトとしても人気があります。

このほかにもWECK社のジュースジャーやダルトンのピッチャーなど、定評のあるメーカーの品々がずらりと揃っています。いずれもデザイン性だけではなく、機能性も兼ね備えています。使いこむほどに風合いが出てくるので、徐々に変わっていく表情を見て楽しめます。

最近ではシルバークレイ、リネングッズといったオリジナル商品も扱い始めました。シルバークレイはデザイナー小山えり子、リネングッズはmihoの作品です。お店に合ったナチュラルテイストで、ひとつひとつ手作りの良い味が出ています。また、シルバークレイの商品はすべてデザイナーとチェックをして季節に合った作品を選んでいます。希望があればサイズ変更・オーダーメイドの相談もできます。アフターケアも行っているので、万が一の場合も安心です。

お出かけには愛らしいイラストが特徴のShinzi Katohデザインのバッグはいかがでしょう。小さいものから大きなトートバッグまで用途に合わせて選べます。

これからの季節に合わせてガーデニング用品も充実しています。やさしい色づかいのものや素材の味を生かしたものが豊富にあります。花をさらに美しく見せる花器や毎日の水やりが楽しくなるような霧吹きを揃えて、おうちを春の雰囲気でいっぱいにしてみたくなります。

掃除用具のコーナーでは、小学生のころに使った竹ぼうきやはたきを見つけ、懐かしさに浸ってしまいました。すぐ隣に目を移すと、家庭で使うゴム手袋からあまり目にしたことがないプロ仕様の窓拭きワイパーまであります。

これだけの充実した品揃えを見ていると、どの商品が人気なのか気になってきます。そこで、1番人気のあるものをうかがってみたところ、 キッチン用品との答えが返ってきました。

そのまま食卓に出せたり、インテリアとしても使えそうなものは、若い女性のお客様に人気なのだそうです。プロが使うようなしっかりとしたものは、料理教室の先生だけではなく、料理好きなアマチュアの方も買っていかれるとのことでした。

 自分が好きなことに使う道具は値段で選ぶのではなく、実際に手にとってなじむもの、使い勝手のよいものを しっかりと選んで買う人が増えているのでしょう。

また、マルヨシでは防犯グッズにも力を注いでいます。レジの後ろにはドアについた錠前の模型がたくさんあります。数年前にピッキングの事件が多発したときには「1ドア2ロック」と注意を喚起したこともあるのだそうです。

現在ピッキングされにくく安全だと言われているのがディンプルキーです。これまでの鍵のような鍵山がなく、表面に多数の小さなくぼみ(ディンプル)がついているのが特徴です。複製防止対策も万全です。リバーシブルで抜き差しもしやすいため玄関鍵に導入する方が増えているのだそうです。マルヨシでもディンプルキーをすすめています。

鍵を始めとした多種多様な防犯グッズの説明を聞いていたとき「合鍵をつくってほしい」とお客様が来ました。普段は穏やかで優しい印象のご主人も、合鍵を作るときは真剣そのものでした。このマシンを導入したのは約40年前、現在は4台のマシンを使って合鍵を作っています。
合鍵をつくるのに必要な時間はたった数分です。これならちょっと用事ついでにお願い、というのもできそうですね。

出張で鍵の交換・取り付けも行っています。交換は錠代の価格に出張費(6,000円〜)を加えた価格で、取り付けは錠代に出張費(10,000円〜)を加算した価格で請け負っているそうです。

防犯の基本は1ドア2ロックです。皆さんのご自宅もご確認ください。

■夢と現実の共演

工具など日用品の仕入れや鍵の複製は茂さんの担当ですが、包丁研ぎや刃物説明はお父さんの仕事です。元気の秘訣は労働だ、というお父さんは今年で86歳!

包丁研ぎを実演していただくと、シャッシャッと小気味の良い音を立ててみるみるうちに包丁が研ぎ上げられていきます。このあと調子が出てきたと言って、もう一丁の包丁を取り出して研いでみせてくれたその姿は、実年齢を感じさせないほどパワフルです。

お父さんは昭和26年3月の開業以来、夫婦二人三脚でマルヨシを盛り上げてきました。

そしてお父さんから茂さんへと世代が替わり、15年前には大幅に店舗を改修しました。それは時代に合った店舗にするためです。

「今年で創業56年になりますが、親子3代でご利用くださるお客様もいらっしゃいます。その時々に合わせてお客様に喜んでいただける商品を並べていると、時代の移り変わりを感じ、なんだかお店も生きているように思えます」と話すご夫婦の顔からは笑顔がこぼれます。

お店をやってきて、嬉しかったことをご夫婦にお聞きしました。

「探していたものがあった! と喜んでいる声を聞いたり、商品を買ってくださったお客様に、使いやすくて良いものだった、と言っていただけたときが1番嬉しいし、お店をやってきてよかったと思えるときです」と話してくれました。
何よりもお客様が満足してくださることがお店をやっていく活力になるようです。

お話の最後に、ご夫婦から面白いお話をお聞きしました。去年の大晦日に、洗濯物干しを買いに来たお客様が一緒に雑貨を買っていかれて「ここは夢と現実が一緒になったようなお店ね」とおっしゃったそうです。

飾っておくこともできる雑貨から本格的な実用品まで揃うお店に、ちょっと遊びにきてみませんか。


刃こぼれしてしまった包丁も蘇ります


昭和28年当時のマルヨシ


工具や補修用品なども扱っています

インド綿マットも種類
豊富に


♪「マルヨシ」さんからプレゼントのお知らせです♪

抽選で 3名様にstudio m'の「toast cocoa mug」をプレゼントします!どしどしご応募ください!賞品の応募はこちらから(応募 は2007年6月27日で締め切りました)

※なお、ご応募は、プレゼントを「マルヨシ」さんまで受け取りにいける方に限らせていただきます。当選者の方には、地域ポータルサイト推進協会からご連絡を差し上げます。商品の引渡し期間は2007年7月31日までとなります。



★生活用品・雑貨・ガーデニング・キーコピー マルヨシ★
 
【住 所】 西東京市 保谷町 3-26-18
【TEL&FAX】 042-461-2724
【営業時間】 AM9:30〜PM8:00
第3水曜日定休日
【アクセス】 西武新宿線「柳沢駅」北口 田無方面へ徒歩2分
   


   ■ 「生活用品・雑貨・ガーデニング・キーコピー マルヨシ」ページへ

    ■ 西東京ショッピング情報 トップページへ

written by TAROU


いかがでしたでしょうか?

■「今月のスポットライト」では、掲載店を募集しています。 ご希望の方は、掲載を希望されるポイント(うちの店はこんなことやってるよ。こんなところをみんなに知ってもらいたいんだ。という点)をお書添えの上、nishitokyo@shop-info.com までご連絡ください。

尚、ご連絡戴いたお店、全てを掲載することはできませんので、あらかじめご了承ください。

■「今月のスポットライト」バックナンバーはこちらからどうぞ!

今月のスポットライトのバックナンバー

Copyright(C) 2007 地域ポータルサイト推進協会 . All Rights Reserved.
当サイトで使用している写真および、テキストの無断転載を禁止します。
運営:西東京商工会
保谷事務所 田無事務所
〒202-0005
東京都西東京市住吉町6-1-5
TEL:042-424-3600 FAX:042-423-9933
〒188-0012
東京都西東京市南町5-6-18 イングビル3F
TEL:042-461-4573 FAX:042-463-7311

[運営協力]:

特定非営利活動法人 地域ポータルサイト推進協会 

〒186-0004 東京都国立市中1-17-26 振興ビル403 (有)サイコム内
TEL:042-573-9521 e-mail:nishitokyo@shop-info.com