西東京/今月のスポットライト

西東京ショッピング情報「今月のスポットライト」 第49回


創菜DINING 吉之助

朝晩の冷え込みが厳しくなって参りました今日この頃。お酒好きの方には会社帰りに
キュッと一杯が恋しい季節ですね!おいしいお料理といっしょならばおいしさも倍増♪
今回は地酒が豊富で、一風変わった創作料理が楽しめるお店を紹介します。

■会社帰りにゆったりした気分でホッと一息…

ひばりが丘北口を降りて所沢方面へ線路沿いを歩いて約2分。線路沿いから少し戻るように小道を入った場所に「吉之助」と看板メニューの「溶岩焼き、豆富、地酒」の案内板が見えます。 お店の店内は広々として、随所に竹や和風小物が置かれたやすらぎの和の空間です。
照明はほのかなオレンジ色でちょっとオトナの雰囲気。30〜50代のお客様が多いのもうなづけます。

吉之助看板

お店正面玄関の電光看板

吉之助商い中

まだ自動ドアの外です。玄関前も広い!

吉之助カウンター

カウンター席は1人でもカップルでも♪

広い店内

カウンター含め全席で44人OKです

地下室の個室

ナント秘密の地下室が?!長い階段を降りると完全個室があります。中は… →

溶岩焼き看板

吉之助と言えばコレ↑ははずせない!

吉之助入り口

自動ドアOPEN!銘酒がズラリお出迎え

銘酒の数々

カウンター前の棚に並ぶ銘酒の数々

吉之助座席

やすらぎの和のコーディネイト

吉之助個室

6名以上貸切OK。小さいお子様連れのお客様に喜ばれています

■なごみを演出してくれるスタッフのみなさん

鶴田オーナーのご実家は田無駅北口にある地酒と焼酎の専門店「地方銘酒つるや」さん。
大学卒業後は大手企業にてお酒を扱う飲食店を100軒以上立ち上げた実績もお持ちです。

せっかくのおいしい地酒も銘柄と入手困難という理由から高値が付けられがち。でも、適正価格でお客様にご提供したい! そして、おいしいお酒に見合うおいしい料理と雰囲気のある空間でもっと多くの方に銘酒を楽しんでいただきたい。
その思いから、「つるや」さんに入社して8年後、念願のご自身のお店を開店させました。

東京小売酒販組合主催全国市販酒きき酒会2位入賞の栄誉は、お酒への深い愛情と勤勉さの証です。    

また、中小企業診断士の資格も取得し、現在は自らの経営ノウハウを多くの飲食店さんにもお役立ていただこうと経営指導にも力を注いでいます。

鶴田オーナーの理想の店舗を支えるのは料理長の桑島さん。各地の有名温泉場や観光ホテルで調理経験を積んだ和食一筋50年の大ベテランです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆☆☆☆『常連さんからの一言!』☆☆☆☆
「とにかく“お通し”が最高!毎日来ているけれど、毎日味もメニューもちがうから全然飽きることがないんだよね。こんなにお通しのおいしい店はそうそう無いよ?!」
今日も自宅にお戻りの前に一杯寄って見えた常連Aさんに熱く語っていただきました。

エンジェルリングのビール

↑常連客Aさんと「カンパーイ!」
ご協力ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日のお通しは地鶏とたまねぎのマリネ風。さっぱりしていて、常連客のAさんが注文していた唐揚げにもピッタリ! 桑島さんの指導の下、若いスタッフも厨房で一生懸命下ごしらえを手伝っていました。

一方、フロアでは店長の松尾さんや20歳を迎えたばかりの井田さん他スタッフ一同、今日もお客様が楽しい時間を過ごし気持ちよくお帰りいただけるよう接客に務めています。

鶴田オーナー

吉之助の創作メニューは鶴田オーナーのアイデアを中心にスタッフのみなさんで試行錯誤を重ね完成させます

桑島料理長

季節の素材は桑島さんの力量の発揮どころです

松尾店長

丁寧な接客の松尾店長(右)

吉之助とは?

店名は人々に愛され続ける西郷隆盛の青年時代の名前から

■溶岩焼き、豆富、お創菜

「溶岩焼き」をご存知ですか?溶岩石の上で焼くと遠赤外線効果により素材がとてもやわらかくなり、そして岩盤から放出されるミネラル分で旨みが増すと言われています。

溶岩盤

溶岩盤。油不要なのでヘルシー♪

溶岩焼き1

旨みが素材に閉じ込められる?!
総州古白地鶏と有頭エビ、たまねぎ

寄せ豆富

【寄せ豆富】豆乳ににがりを加えた自家製豆腐。濃厚な味に抹茶岩塩が絶妙

へぎそば

【へぎそば】つなぎに布海苔を使用した新潟地方の蕎麦。細めんなのにコシが強くしっかりした歯ごたえと爽快なのどごし。

温度計

最適温度に達したか専用温度計で計測

溶岩焼き2

野菜はグンと甘みが増します。岩塩、照り焼き、ポン酢お好みのタレで!

とろける温泉湯豆富

【とろける温泉湯豆富】佐賀県嬉野温泉の湯の成分で豆腐の表面がとろける!

秋メニュー

他にも「豆富のからあげ」「胡麻豆富」、刺身、てんぷら、サラダ…主食も付け合せも豊富なメニュー!

■おいしいお燗酒のススメ

現在、巷ではお燗酒(おかんざけ)を見直す動きがあるそうです。そういえばアルコールを温めて飲む国は珍しいですよね?

「日本古来の良き風習を継承していきたい」とおっしゃる鶴田オーナーに『おいしいお燗酒のいただき方』を教えていただきました。

お酒を温める方法は電子レンジという手もありますが…湯煎が1番!とのことです。
右のお燗酒セットは山中塗りの四角い酒燗器にお湯を入れ、銅の内側に錫(すず)をひき熱伝導に優れたチロリでお酒を温めます。 吉之助では専用温度計を貸していただけるのでお好みの温度を覚えておくと次回も便利です。

お酒をおいしく召し上がるならば、お猪口にも少しこだわってみませんか?
「お猪口の色は白が良い」とはツウの方では常識かもしれません。これはお酒の熟成具合やろ過の程度が一目で判断が付くからです。
また、お猪口の飲み口(縁の部分)が少し外に広がった形状だと、お酒が口全体に広がりやすく、舌全体のさまざまな味覚部分で味わえるとのことで、この形状はガラスや陶器では難しく、磁器が優れているようです。

お燗酒セット

【お燗酒セット】「世界一おいしいお燗酒をご用意してみなさまのご来店をお待ちしております!」(オーナーより)
チロリにはお猪口3杯程度の量が入り、 これで420円〜(※銘柄による)

お猪口

【吉之助で使用しているお猪口】
素材、色、形状…まさにシンプルイズベスト!

■もちろん冷酒だっておいしい

氷室囲い

【日本酒サーバー】取扱店は全国でもわずか100軒弱!タンクに入れて蔵元から店舗まで空気に触れさせず運搬するため、劣化せずにできたて新鮮なまま味えます。人気の銘柄は無くなるのも早いそうなのでお早めに。

冷酒

よく冷えたグラスで一杯♪
八海山、緑川、越州(以上新潟)、黒龍(福井)、瀧自慢(三重)、明鏡止水(長野)美丈夫(高知)…
全国の銘酒からお好みに合わせて。
味の相談にも気軽に乗ってくれます。

静かにお酒を楽しみたい年代のお客さま、いつもよりちょっとだけぜいたくな夕飯を味わいたいご家族、 料理長の味をご家庭の一品として参考にいらっしゃる奥様も…。「吉之助」はどなたにも満足と納得のいくお料理とサービスを提供してくれるお店です。

★吉之助さんからうれしいプレゼント★

とにかく気になったお料理をお試しください!
『吉之助1000円分お食事券』を抽選で3名様にプレゼント。
(どのお料理にもご使用できます。お会計時にご提示ください。)
スポットライトを読んだ感想を添えて 賞品の応募フォームに入力してご応募ください。
(応募は締め切りました)

※なお、ご応募は、「吉之助」まで行ける方に限らせていただきます。 当選者の方には、地域ポータルサイト推進協会からご連絡を差し上げます。 プレゼントの有効期間は2008年3月31日までとなります。

創菜DINING 吉之助

【住 所】西東京市ひばりが丘北4-1-6

【TEL】042−423−6760

【E-Mail】 kichinosuke@kanpai.biz

【定休日】 毎週日曜日

【営業時間】
PM5:00〜AM1:00
(ラストオーダー0:00)
祝日/PM5:00〜PM23:00
(ラストオーダー22:00)

ひばりが丘 吉之助

 

いかがでしたでしょうか?

■「今月のスポットライト」では、掲載店を募集しています。 ご希望の方は、 掲載を希望されるポイント(うちの店はこんなことやってるよ。こんなところを みんなに知ってもらいたいんだ。という点)をお書添えの上、 nishitokyo@shop-info.com までご連絡ください。

尚、ご連絡戴いたお店、全てを掲載することはできませんので、あらかじめご了承ください。


■「今月のスポットライト」バックナンバーはこちらからどうぞ!

今月のスポットライトのバックナンバー


運営:西東京商工会
保谷事務所 田無事務所
〒202-0005
東京都西東京市住吉町6-1-5
TEL:042-424-3600 FAX:042-423-9933
〒188-0012
東京都西東京市南町5-6-18 イングビル3F
TEL:042-461-4573 FAX:042-463-7311

[運営協力]:

特定非営利活動法人 地域ポータルサイト推進協会 

〒186-0004 東京都国立市中1-17-26 振興ビル403 (有)サイコム内
TEL:042-573-9521 e-mail:nishitokyo@shop-info.com